本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.093-474-3358

〒800-0242
福岡県北九州市小倉南区津田5丁目1−5

各委員会のご紹介

教育委員会

教育委員会は、看護師の知識と技術を高め、より質の高い看護を提供出来る事を目標として活動しています。
院外研修を調整し、多くの職員が知識の共有が出来るよう発表会を開催したり、看護業務がスムーズに行えるよう業務手順を作成するなどと共に、新人看護師が少しでも早く職場に慣れ、業務が行えるようになるため、研修会の実施・プリセプター制度の充実・チェックリストの改善などに主に取り組んでいます。


                 



医療安全委員会

「人はエラーを犯すものである」「“アクシデント”は忘れたころにやってくる」という事を前提に普段から患者様の安全を確保するために必要な危機的意識の向上に努めています。
当院では組織的な安全対策に取り組み責任ある態度で事故を未然に防ぐ活動を行う為に安全対策が徹底出来ているか評価するべく月1回の医療安全部員による院内のラウンドを行っています。
それと同時にコメディカルと共に月1回の委員会、及び月2回の部会を開催し、年3回の院内研修(KYT、5S等のグループワーク)を行い職員の医療安全への意識の向上に努めています。
また院外研修に参加し他院の取り組みや現状を知ることにより当院の委員会、部会の活性化も図っています。
患者様の暗線、職員の安全を第1に考えて“医療事故の減少”をめざし日々頑張っています。

  



感染対策委員会

 院内感染防止対策委員会は、院内感染防止対策マニュアルの作成と改善及び周知徹底、院内の感染の発生状況の分析、ラウンドなど院内感染を防止するために日々活動を行なっています。
院内感染は決しておこしてはならないものだと全職員が認識し、日々の手洗いから正しい感染対策を行っていくことで、患者様に安全な生活環境・医療が提供できるように努めています。
また、その時々の感染対策の新しい知識を獲得するため、院外研修にも積極的に参加しています。



    

記録委員会

記録委員会では、看護記録監査の実施、看護記録記載基準の見直し、看護記録の研修等の活動を行なっています。
月に1回、部会を開催し、各病棟からでた問題点の検討、看護診断、フォーカスチャーティング、パスの活用を図り、看護記録の充実と看護の質の向上に努めています。

   

身体抑制廃止委員会

身体抑制廃止委員会は、『縛らない看護』を目指し、『抑制は必要最小限・必要がなくなれば早期に解除すること』を念頭に、各病棟で毎週1回のカンファレンスと、毎月1回の検討会やラウンドを委員会で取り組んでいます。気管切開や人工呼吸器装着などの医療的処置を行っている患者様や認知症の患者様など、多種多様な患者様が増えていく中で、個々の患者様に応じた解除の工夫の検討を重ねて、患者様の意思を尊重し、より質の高いケアが提供できるように抑制廃止に向けて日々努力しています。


褥瘡対策委員会

褥瘡対策委員会は褥瘡の予防、早期発見、早期治療を目標に取り組んでいます。入院から患者様の全身状態をチェックし、栄養、清潔、除圧、マットレス選びなど医師をはじめとする医療スタッフで検討評価を行なっています。予防と早期治癒の為、エアマットや褥瘡予防用のクッションの備品も完備しており、臥床時間が多い患者様に対応できるようにしています。

月に一回部会、委員会を行ない、薬剤の選択、栄養方法、カロリーの検討等を実施しています。また、部会の日はコメディカルスタッフで褥瘡患者様のラウンド(巡視)を行ない、直接創部を見ながら話し合いを持つようにしています。処置や薬剤処方をする医師の意見、日々処置を行なっている看護師、栄養方法やカロリー、栄養食品選択の検討をする管理栄養士の意見、また、リハビリを行なっている理学療法士や薬剤の適正や効果を見る薬剤師の意見など様々な職種の意見を出し合っています。

多職種の意見を出し合い、院内褥瘡ゼロを目指し、褥瘡予防、早期治癒に取り組んでいます。

    

レクリエーション委員会

レクリエーション委員会は、介護助手が中心にケアマネージャー1名、病棟助手6名、通所リハビリ介護福祉士2名で活動しています。
長期化した入院生活や日々変化のない療養生活に、季節感を感じてもらい楽しいひと時を味わっていただけるよう、年に2〜3回の予定で趣向をこらした行事を行っていおり、ベット上で寝たきりの患者様にも楽しんでいただけるように、委員が各ベットを回って行うこともあります。
また、各病棟エレベーターを昇ってすぐの場所に毎月、季節に合わせた壁紙を作成しています。
毎月、1回レク委員会を開き、行事の検討や終了後も患者様に喜んでいただけたかなど、次へ繋がるように意見交換をおこなっています。

患者サービス向上委員会

事務次長を委員長のもと各病棟の看護師、介護助手、クラークなどで運営しています。職員の接遇に対する意識の向上を図り、患者様及びご家族の満足度を高めて、円滑、適正なサービス提供が行えることを目的としています。
毎月1回の委員会で、各部署において現在問題になっている患者様に弊害のある問題点や、患者様、ご家族様からの苦情やご意見をくみ上げ、会議で検討し対応策や改善策を話し合っています。
サービス委員会主催での院内行事、年数回行われるクラシックコンサートの運営、進行なども行っています。
職種の垣根を越えて、病院職員が一丸となってよりよいサービスが提供できるように心懸けております。