本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.093-474-3358

〒800-0242
福岡県北九州市小倉南区津田5丁目1−5

医療法人 あさひ松本病院 看護部


患者様の心に寄り添う
リハビリテーションを提供します

当院のリハビリテーションスタッフは、理学療法士4名・作業療法士3名が在籍しています。主に脳血管疾患(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血等)・呼吸器疾患・運動器疾患と様々な疾患の障害に対してリハビリテーションを実施しています。また、特殊疾患病棟の神経・筋疾患(パーキンソン病・筋委縮性側索硬化症・筋ジストロフィー等)に対するリハビリテーションも行っています。重度の意識障害で寝たきりの方に対しては、四肢の関節拘縮予防や褥瘡予防目的でベッドサイドリハビリを実施しています。身体状況に応じて、その方に必要なリハビリを提供できるようにしています。

リハビリテーションとは・・・

色々な障害を持った人々に対して、その障害を可能な限り回復治癒させ残された能力を最大限に高め身体的・精神的・社会的にできる限り自立した生活が送れるように援助します。そして、全ての人々がよりよい社会生活が送れることを目指し、医師を中心に看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、その他大勢のスタッフが互いに協力し行っている医療のことです。当院リハビリテーション科では、単に機能回復を目指すことだけではなく、患者様の心に寄り添い、その方の生活や人生をよりよくするためのものであると考えています。

リハビリテーション科の取り組み

〇朝の病棟申し送り
前日や夜間帯の患者様についての申し送りが行われ、当日の体調やスケジュールの確認が行われます。情報収集を行うことで、体調を確実に把握し安全にリハビリテーションを実施することができます。

〇リハビリカンファレンス
毎週1回、各病棟にてリハビリカンファレンスを実施しています。医師、PT・OT、看護師、看護助手、MSWが参加し、患者様の現在のリハビリ進行状況や病棟での様子、今後の方向性などを話し合い、医療連携を図ります。各職種が情報を共有し共通認識を持つことでより効果的なリハビリを実施することができます。

〇リハビリ勉強会
患者様によりよいリハビリテーションを提供するために勉強会の開催・研修会の参加、資格取得など行っています。個々のスタッフが日々研鑽し、多角的なリハビリを提供できるように取り組んでいます。また、症例検討会を行い、リハビリ評価、実施計画に対する意見交換を他職種で行っています。


ご質問やご意見等ありましたら、当院リハビリテーション科までお気軽にお問い合わせください。

リハビリテーションの様子はこちら
理学療法
物理療法
作業療法
神経難病に対するリハビリテーション

コミュニケーション機器