本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.093-474-3358

〒800-0242
福岡県北九州市小倉南区津田5丁目1−5

個別リハビリ


個々の在宅生活と円滑に送れるように理学療法士、作業療法士等リハビリスタッフが評価し、個々にプログラムと立案して実施しています。

★運動療法
自転車エルゴメーターや滑車、鍾重バンド等を使い、身体能力改善、維持を図っています。


 



★物理療法
電気療法、水治療法、温熱療法を用いて痛みの緩和、循環促進を図っています。

     




★作業療法
パズル、ペグ、ぬり絵、ちぎり絵等の作業を用いて身体能力、精進能力の維持、改善を図っています。

   







集団リハビリ

 


起立着席訓練の効果について 

 廃用予防、下肢筋力増強を目的とした起立着席運動は歩行動作に比べて筋活動が大きいため効率的に下肢筋力増強につながります。また、運動強度はピアノを弾いたり、ゆっくり歩く活動と同等レベルであることから軽負担で継続性があります。集団で行うことで励ましあったり、声を掛け合いながらできる利点もあります。起立着席訓練は道具や高価な機器を必要としないためどこでもできることから利用日以外にご自宅で簡単に実施できます。高齢者の廃用は1週間のベッド上安静で筋力が7〜8%低下するといわれています。起立着席訓練は下肢筋力だけでなく抗重力筋(首や背中)を鍛えることから日常の生活動作の介助量を軽減することも可能となります。歩行訓練は転倒リスクもあるため、まずはしっかりと下肢筋力を鍛えることに重点をおいたリハビリを行っていきます。5秒で起立、5秒で着席し1分間6回のペースで約10分間に50回行い一日合計200〜300回を目指します。安静臥床、廃用による下肢筋力低下を防ぎ運動能力の維持向上を目指します。

 

 




戻る